発達障害のある子どもと行動の問題

発達障害のある子どもと行動の問題
~ 改 善 の た め の 具 体 的 な 方 法 ~


 発達に問題のある子どもの支援においては、保育者と保護者の連携が大切です。しかし、それは現実にはとても難しいことで、発達に遅れや偏りがある子どもたちをどのように保育するのがいいのか、発達が気がかりな子どもの保護者にどのように言葉かけするのがいいのか、多くの保育者がそういう思いや悩みを抱えています。
 この講義では、午前に発達障害と保護者への基本的な理解について学び、午後は演習を交えて子どもの行動の問題への正しい対処の方法を学びます。

[午前] 発達障害のある子どもの保護者支援:障害の認識と受容
[午後] 保育に役立つペアレント・トレーニング:考え方と使い方

日 時
2021年7月24日(土) 10:30~15:00
会 場
ハイライフプラザいたばし
+ Zoom
講 師
中田 洋二郎
参加費
新医協会員 4,000円 / 一般 5,000円
※会場・Zoom一律
定 員
会場100名 / Zoom 20名

申込方法
メールで申込後、郵便局備え付けの振込用紙で下記口座にお振込み下さい(FAXも可)。
ご入金の確認後、受講票またはZoomIDをお送りします。
※締め切り日間近の時は必ず電話での確認をお願いします。
※申込はコロナ対策による事務手続きのため7月14日で締め切らせていただきます。

郵便振替
00110-4-193012 新日本医師協会東京支部(通信欄に講演名・参加者名を明記)

【会場案内】
ハイライフプラザいたばし
(東京都板橋区板橋1-55-16-2階)
※交通案内はこちら

【Zoom受講にあたりお願い】
私たちは、会場で対面して受講するような環境を目指しています。
●受講中は、「顔を映すこと」と「名前の表記」が必須になります。講義中に一定時間顔が映らない際は、「待機室」に移動しますのでご注意ください。もし端末機器から離れる際は、「チャット」機能で " 新医協事務局あて" に、その旨を伝えて下さい。匿名参加者を交えては気持ちよく問いかけが出来ません。匿名性が担保されてしまうネット上では、情報の漏洩が簡単になされてしまいますので、規制を強くしていますことご了承下さい。
●本配信の録画・録音は元より、講義資料のコピー厳禁、SNS 等や第三者へのURL 転送、転記は固くお断りいたします。
●当日のキャンセル・不参加による払い戻しはいたしません。

中田 洋二郎
立正大学心理学部名誉教授/臨床心理士

<社会活動>
日本小児精神神経学会名誉会員、日本児童青年期精神医学会会員、日本ペアレント・トレーニング研究会副会長

<主な著書>
●「子どもが発達障害といわれたら: 幼児期から大人になるまでのQ&A70」 中田 洋二郎(監修), 猿渡 知子他(著)中央法規出版 2019
●「発達障害のある子と家族の支援: 問題解決のために支援者と家族が知っておきたいこと」 中田洋二郎 学研プラス 2018
●「軽度発達障害の理解と対応 ―家族との連携のために―」中田洋二郎(著)大月書店 2006 
●「AD/HDのペアレント・トレーニングガイドブック ―家庭と医療機関・学校をつなぐ架け橋―」 岩坂 英巳、中田 洋二郎、井澗知美(著) じほう 2004
●「子どもの障害をどう受容するか ―家族支援と援助者の役割―」 中田 洋二郎(著)大月書店 2002
●「読んで学べるADHDのペアレントトレーニング ―むずかしい子にやさしい子育て―」  シンシア ウィッタム(著)中田 洋二郎(監修訳)明石書店 2002