乳幼児の食べる機能と行動の発達

乳幼児の食べる機能と行動の発達
~食 べ る 機 能 は ど う 育 つ か ~


 お乳を吸うことから始まる小児の食べる機能は、乳歯の萌出とともに咀嚼(そしゃく)を覚えていき、乳幼児期にめざましく発達します。そして小児を取り巻く環境は、この食べる機能や行動の発達にプラスにもマイナスにも影響を及ぼしています。
 今回の講義では、哺乳・離乳・咀嚼にいたる「食べる機能の発達過程」と、そこでみられやすい問題をスライドを見ながら解説します。また、適切な支援・指導の方法を、小児歯科の最前線で活躍する井上先生によりわかりやすくお話していただきます。

日 時
2021年6月23日(水)  18:30 ~ 20:50
会 場
ラパスホール
+ Zoom
講 師
井上 美津子
参加費
新医協会員 2,500円 / 一般 3,500円
※会場・Zoom一律
定 員
会場50名 / Zoom 48名

申込方法
メールで申込後、郵便局備え付けの振込用紙で下記口座にお振込み下さい(FAXも可)。
ご入金の確認後、受講票またはZoomIDをお送りします。
※締め切り日間近の時は必ず電話での確認をお願いします。
※申込はコロナ対策による事務手続きのため6月13日で締め切らせていただきます。

郵便振替
00110-4-193012 新日本医師協会東京支部(通信欄に講演名・参加者名を明記)

【会場案内】
ラパスホール
(東京都豊島区南大塚2-33-10東京労働会館7階)
🚋JR大塚駅(山手線)より徒歩7分

【Zoom受講にあたりお願い】
私たちは、会場で対面して受講するような環境を目指しています。
●受講中は、「顔を映すこと」と「名前の表記」が必須になります。講義中に一定時間顔が映らない際は、「待機室」に移動しますのでご注意ください。もし端末機器から離れる際は、「チャット」機能で " 新医協事務局あて" に、その旨を伝えて下さい。匿名参加者を交えては気持ちよく問いかけが出来ません。匿名性が担保されてしまうネット上では、情報の漏洩が簡単になされてしまいますので、規制を強くしていますことご了承下さい。
●本配信の録画・録音は元より、講義資料のコピー厳禁、SNS 等や第三者へのURL 転送、転記は固くお断りいたします。
●当日のキャンセル・不参加による払い戻しはいたしません。

井上 美津子
昭和大学歯学部 小児成育歯科学講座 客員教授

<専門>
小児歯科(日本小児歯科学会 専門医・指導医)、母子保健・小児保健、小児のう蝕予防と口腔管理、乳幼児の口腔機能の発達、障害児の口腔管理、小児の口腔習癖などが研究テーマ

<主な著書>
・井上美津子・田村文誉「食べる機能・口腔機能の発達Q&A」医学情報社、2020
・井上美津子「おっぱいからごはんまで 子どもの歯・口の発育と『食べる』の発達がわかる本」芽ばえ社、2019
・小児科と小児歯科の保健検討委員会編「子どもの歯・口・食の問題をめぐる育児 支援ガイド」日本小児医事出版社、2017